便座の高さは排便時間に影響がありますか?

2 min 0 views

あなたはしゃがむ派?座る派?

先日(5/27)のエビテン(エビデンス展覧会)https://twitcasting.tv/manabunoda/movie/618070369 で発表した論文です。小さい子は和式便器で排泄が難しいというのはよく聞くのですが、洋式便器が普及した現代において、便座の高さによる排泄の困難さを研究した論文は興味深かったので読んでみました。

Comparison of Straining During Defecation in Three Positions: Results and Implications for Human Health

PMID:12870773

論文のPECOは?

P(どんな患者に?)

28人のボランティア

E(どんな介入を)

座って排泄(高さ31~32cmと41~42cmの2群で介入)

C(何と比較して)

しゃがんで排泄

O(どのように評価した?)

排便までの時間、排便困難度をスケールで記載

論文のチェックポイント

ランダム化されているか?

➡ 記載なし

盲検化されているか?

➡ 記載なし

ITT解析されているか?

➡ 記載なし

追跡期間は?

➡ 6回排便したら終わり

真のアウトカムか?

➡ 代用ではないとおもうけど・・

 結果はどうだったか?

RESULTしゃがむ座る(31~32cm)座る(41-42cm)
排便までの時間0.85(分)1.9(分)2.16(分)
排便が容易と答えた人の割合82%51%39%

考察

しゃがんで排便したほうが時間、困難度ともに少なかったという結果。この研究でランダム化や盲検化はできない(ていうかできるわけがない)ので個人の感想によるところも大きいのですが、姿勢によって直腸の位置や形が変わることで排便に影響することはあるのかもしれません。

配信中にいただいたコメントでは、足場を置いて洋式便器に座ったり、足をまっすぐにして排便すると楽という意見もありました。ウォシュレットについてのコメントもありましたが、今度関連する論文を調べてみたいと思います。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です