ミラベグロンを服用していると性機能は上がりますか?

ミラベグロンの女性に対する性機能の変化

先日、キャスをやりながら読んだ論文。性機能について調べたことはなかったが、なかなか興味深い論文が多かったので今後も探していこうと思う。

The effect of mirabegron, used for overactive bladder treatment, on female sexual function: a prospective controlled study.

PMID:29940933

論文のPECOは?

  •  85人の過活動膀胱を罹患している女性

  •  ミラベグロン50mg/日

  • 無治療

  • 女性に対しての性機能の評価

論文のチェックポイント

ランダム化されているか?

➡ 記載なし

盲検化されているか?

➡ オープン

追跡期間は?

➡ 3か月

真のアウトカムか?

➡ 真のアウトカムと言える

 結果はどうだったか?

無治療群と比較してミラベグロン群は有意に性機能に対するスコアが高かった。

(Group A :無治療群 Group B:ミラベグロン群)

(Group A vs. Group B: 1.0 (3.7) vs. 32.6 (7.9); p < 0.001)

*性機能の評価項目:欲求、覚醒、潤滑性、オーガズム、満足、痛みなどが項目として挙げられている。


考察

過活動膀胱を改善することで性機能のスコアが改善されるというコホート研究。

性的にアクティブな女性を集めており、前治療やその他のトレーニングをしていれば除外するといった徹底ぶり。

プラセボ比較ではなく、オープンラベルのため、薬の効果なのかは不明な点もある。

抗コリン薬も過活動膀胱に適応があり、すでに性機能に対してのエビデンスがあるとのこと。こちらの論文もよんでみたい。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク