スタチンを続けると糖尿病になりやすいの?

スタチンの使用が新規の糖尿病発症と関係ありますか?

先日、投薬時に患者さんからの質問。

「なんかの本に書いてあったけど、コレステロールの薬をのむと糖尿になるって。どうなの?」

本に書いてあったのなら、何らかの研究がなされているはず。と考え、論文を探したら、以下の論文がみつかったので読んでみることにしました。

論文タイトル

PMID:29765224

https://doi.org/10.2147/TCRM.S158850

論文のPECOは?

  • 2型糖尿病を伴わない高血圧患者
  •   (30~90歳、中国のコミュニティ)

  • スタチンの投与

  • : スタチン非投与

  • : 新規糖尿病の診断、またはインスリンか糖尿病薬の新規処方

論文のチェックポイント

真のアウトカムか?

➡ 新規の糖尿発症なので、真のアウトカムでいいと思う。

調整した交絡因子はなにか?

➡ 年齢、性別、BMI、併存疾患、ライフスタイル、およびベースラインの降圧薬

追跡期間は?

➡ 180日

 結果はどうだったか?

・スタチン開始から180日後の新規糖尿病発症

ハザード比(傾向スコアマッチングで調整後)1.54(1.41~1.67)

・サブグループ解析

男女差は同等であった。

スタチン別

フルバスタチン(調整HR:1.44、95%CI:0.83-2.48)

ロスバスタチン(調整HR:1.47、95%CI:1.19-1.83)

シンバスタチン(調整HR:1.64、95%CI:1.51-1.78)

アトルバスタチン(調整HR :1.52、95%CI:1.37-1.68)

考察

limitationでは、脂質異常症および高血圧のレベルに関する情報が交絡因子として組み入れられなかったとしている。

ただ、ほかの交絡因子を考慮してのこの結果は意外でした。

他の論文をみると、観察研究のメタ解析もあったが、異質性が高いとしている。(アブストのみ)PMID: 28416099

食事パターンなど、中国の論文であり日本では当てはめることができない部分があるため、この結果を簡単に患者さんには伝えることができないと考える。

実際、質問された患者さんには、そういう研究もあるが、結局は生活習慣が大切であることをアドバイスし、納得してもらいました。

久しぶりの投稿でしたが、お付き合いいただきありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク