n-3系不飽和脂肪酸は心不全を改善させますか?

n-3系不飽和脂肪酸は心不全を改善させますか?

昨日、ツイッターのタイムラインを見ていたら、リンコ先生が興味深い論文を提示してくださっていたのでさっそく読むことにしました。

DHAとEPAで心臓にどう影響するのだろう・・

Effect of n-3 polyunsaturated fatty acids in patients with chronic heart failure (the GISSI-HF trial): a randomised, double-blind, placebo-controlled trial.

PMID:18757090

論文のPECOは?

  • 慢性心不全患者(クラスⅡ-Ⅳ)

  •  n-3系不飽和脂肪酸を投与
  • (1gを1日1回 EPA:DHA=1:1.2で配合)
  • n=3494

  • : プラセボ
  • n=3481

  • : 死亡までの時間

論文のチェックポイント

ランダム化されているか?

➡ されている

盲検化されているか?

➡ double-blindの記載あり

ITT解析されているか?

➡ されている

追跡期間は?

➡ 3.9年

真のアウトカムか?

➡ 死亡なので真のアウトカム

 結果はどうだったか?

一次アウトカム

      n-3系不飽和脂肪酸群(n=3494)  プラセボ群(n=3481)

イベント数    955(27%)            1014(29%)

ハザード比     [HR] 0.91 [95.5% CI 0.833-0.998], p=0.041

NNT=56


考察

アブストラクトのみだが、とてもわかりやすく記載されている。

結果はぎりぎり?有意差がついていてn-3系不飽和脂肪酸がちょっとイベントを下げた。

心不全の患者さんには薬剤による介入もさることながら、食事面でアドバイスするには有用な結果だと思う。

NNTが56と2桁なのも興味深い。

お魚買って帰ろう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク