DPP-4阻害薬を追加するなら週1回服用?それとも毎日服用?

DPP-4阻害薬を追加するなら週1回服用?それとも毎日服用?

最近よく処方されるようになったDPP-4阻害薬の週1回服用タイプ。

ふとした疑問として、毎日服用するタイプとくらべてどういうメリットがあるのかな?と思い今回の論文がみつかったので読んでみることにしました。

Randomized clinical trial comparing the efficacy and safety of treatment with the once‐weekly dipeptidyl peptidase‐4 (DPP‐4) inhibitor omarigliptin or the once‐daily DPP‐4 inhibitor sitagliptin in patients with type 2 diabetes inadequately controlled on metformin monotherapy

PMID:28093853

論文のPECOは?

  • 2型糖尿病でメトホルミンを投与されていて効果不十分な患者

  • オマリグリプチン25mg(週1回服用)

  • : シタグリプチン100mg(1日1回毎日服用)

  • : HbA1cの変化および非劣勢

論文のチェックポイント

ランダム化されているか?

➡ されている

盲検化されているか?

➡ double-blindの記載あり

ITT解析されているか?

➡ されていない(FAS解析)

追跡期間は?

➡ 24週間

真のアウトカムか?

➡ 代用のアウトカムだが、週1回のメリットを確かめたいので読み進める

 結果はどうだったか?

                オマリグリプチン    シタグリプチン

エンドポイント         n=322        n=320

HbA1c     

   ベースライン       7.5±0.8        7.5±0.7

    24週後        7.0±0.9        7.0±0.8

 ベースラインからの変化 −0.47 (−0.55, −0.38)  −0.43 (−0.51, −0.35)

有害事象    有意差なし 特徴的な有害事象はなし

考察

週1回服用と毎日服用でのHbA1cの変化に差はみられなかった。

BMIが30以上の患者を対象にしているところから、この条件下ではDPP-4阻害薬の出番がないのかもしれない。

週1回になることで服薬アドヒアランスの変化も気になるところ。患者さんが確実に服薬できるよう、支援していくことが大切なのかもしれない。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク